« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月23日 (土)

WE ARE THE WORLD for 東日本大震災

コンサートの最後に 全員で we are the world を合唱しますが、東日本大震災の画像と共に紹介している動画があるので貼り付けます

直接動画を貼り付けることが技術的に難しいので、URLとなってしまいますが、関係者の皆さま 始め 多くの方に是非見ていただきたい画像です

(本当はハイチ地震のために歌われているようですが…)

他人事ではないと開いたスマトラチャリティコンサートでは、インドネシア始め被害に遭われた地域の方々の安寧をお祈りしましたが・・・こんなに早い時期に我が祖国への祈りの時がやってくるとは・・・・

WE ARE THE WORLD

2012年6月16日 (土)

ジャズぴーなっつ

ゴスペルを演奏するのに、ジャズやとりわけブルースとリンクすると、ゴスペル力がアップするような気がします、し 実際ジャズ好きやジャズのスペシャリストがひょっとしたらグループにいたりして・・・・・

というわけで、かるーくジャズを歌ってみようという試みでジャズぴーなっつが誕生します(現在形)note

ジャズというとなかなか奥深く、難しいという印象がありますが、実際奥深く難解です。しかしもっと軽くジャズを歌ってみよう、楽しんでみよう裾野を広げようなコンセプトで、誰もがジャズを歌えるぞな感覚で始めてみました。例えば今回は、バリバリのクラシック系の人も挑戦するということで、初デビューを果たしますし、ほとんどがジャズ好きではあるけれど、かなりのシロウトです。というわけで、ジャズに詳しい方にしてみれば、「ちがう」 と 思っちゃうかもしれませんが・・・・

千里の道も一歩からという言葉もあるくらいで、この日からスタートするジャズぴーなっつの演奏を生温かく聞いていただき、育っていく姿を見守っていただきたく、よろしくお願いいたしますnotes

2012年6月11日 (月)

SORA 福島被災動物レスキュー

C94cfe857d099c64f0d35e7094d6ab22_sj

被災して路頭に迷っているワンちゃんやねこさんや
動物を私費を投じて保護してくださっている

SORAさん

ただ保護するだけではなく、飼い犬のように大切に
世話をなさっている模様がブログやHPから伝わってきます

1bd4aeed1ceed58417e1d05352b40cd2_sj
(いずれもSORAさんのブログから)

正に、義援金を明確に使っていただけるくらい
支援が必要な様子です

犬好き・ネコ好きの方

御支援をよろしくお願いいたします

2012年6月 6日 (水)

ディジュルドゥ 小田原ディジュミー

オーストラリアの原住民アポリジニの楽器ディジュルドゥを演奏するグループが
小田原にあります。

ジャンべや打楽器始め、おりおりの珍しい楽器が参加しての・・・
他のディジュグループの演奏を聞いたことはありませんがsign02
多分日本屈指のグループだろうと思っています。

テレビなどで、オーストラリア観光紹介等々オーストラリアがらみの
番組ではしばしばBGMでディジュの音が聞こえていますので、
チャンスがあったら耳をすましてくださいear

そのディジュの深遠な音色と共にその迫力はまさに大地から
湧きあがってくるような古代からの響きを感じさせてくれます。

6月30日もどのような演奏になるか本当に楽しみです

Chouchin20112bmpdiju

2012年6月 5日 (火)

南相馬

__jpg
若いコンサート実行委員長がつい最近知り合った
南相馬出身の若いお母さんから届いた
震災前の美しい南相馬の海岸です

Minamisoma__jpg

美しい場所が一瞬にして・・・・

また、詳しい情報がわかったらUPします


2012年6月 2日 (土)

ゴスペル ぴーなっつ

秦野名物のぴーなっつを冠したゴスペルグループは
秦野市の公民館での1回限りの演奏グループとして誕生しましたが、
アンサンブルのあまりの楽しさにそのままグループとして続行ということになり、
その後、秦野市のイベント等に参加して今日に至っています。

Dscf5213jpg

もうボチボチ孫が欲しいかな!!!世代と子育て真っ最中の
2世代女子が組長中心に楽しく、仲睦まじく練習を続けています
(たまたま女子だけの組になっていますが、もちろんゴスペル男子
大歓迎ですnotes。)

今回のチャリティーコンサートは、若い女の子を実行委員長として、
普通の主婦が立ち上げていて慣れてないことも多いのですが、
皆さんがそれぞれの得意分野でさりげなく参加してくださっていて、
とても、順調に進んでいます。

当日の進行を一生懸命に考えてくれるメンバーや、秦野市の後援への
道筋をつけてくれたり、物販を担当してくれたり、
タウンニュースにも話を持ち込んでくれて・・・・・とても感謝ですheart

007jpg

本日、行ってきました。

誠実な感じの良い若い記者が丁寧に話を聞いてくださり、
いよいよコンサートが近くなっている実感が湧いてきました(*^-^)




2012年6月 1日 (金)

アンクルン・・・ガルーナ・メッタ

6月30日のコンサートの主催グループの一つ目はインドネシアの楽器「アンクルン」を演奏するガルーナメッタです。

竹でできてて、何人かで、手分けしてならしていく楽器で、あのガムランで有名なバリではなくジャワ島で作られていて、西洋音階で並べられているので、童謡はじめ歌謡曲やシンプルなクラシック等演奏できます。とりわけ日本の懐かしい童謡にぴったりです。

2004年にスマトラ沖地震が起こった折、この楽器を所持していた御縁で「スマトラ沖地震被災者救援チャリティ」を開きました。小田原の室内楽から祭囃子グループまで全く違うジャンルのミュージシャンたちが駆けつけてくれましたnotes

地震の巣の上の地域に住んでいる私たちは、この東南アジアで起きた地震・津波が全く他人事のようには思えず、多くのご協力をいただいてチャリティーコンサートを無事終了させることができました。

このコンサートを開催する主催者名を、タイ語で「慈悲」という意味のガルーナ・メッタと名付け地元紙やケーブルテレビ等で被災地で生まれたアンクルンを紹介しながらコンサートへの呼びかけをしました。

当時はアンクルンを演奏するグループはなく、ただ紹介するだけでしたが、コンサート終了後、演奏依頼が多発し(ワタクシはコンサート準備中にいきなり介護な生活に入ってしまったので、)お断りしていましたが、あまりの多さに翌年演奏グループを立ち上げて、今日に至っております。

ワタクシの音楽に関するブログ「地球に乗って」のトップページに大きなアンクルンの画像がありますが、あまりに大きすぎて、主に老人施設中心の演奏なのでまだ家の中で飾られているだけでしたが、今回大きな舞台に立たせていただくのを機にデビュー予定で、メンバーは張り切って練習しています。

007jpgang2jpg2_2

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »